BCP策定のプロセス1:重大な自然災害を確認する。

06.01

BCP策定の第一歩は、重大な自然災害の確認

まずは、自社の事業に関わる地域の重大な自然災害の確認をします。

インターネットから多くの情報にアクセスできます。

国や自治体が公表している地震被害想定や、河川氾濫浸水マップ、土砂災害ハザードマップなどをチェックします。

  • 地震被害想定図から、自社の地域で大規模地震が発生した場合、自社付近で最大いくつの震度になる可能性があるかわかる。
  • 水害ハザードマップ等から、自社近くの川が氾濫した場合、最大で何cm浸水する可能性があるかわかる。
  • 土砂災害ハザードマップを見ると、土砂災害の危険性がわかる。
  • 新型インフルエンザは、従業員が多数感染して業務が継続できなくなる事態も、念頭におくのが必要かもしれません。

国土交通省のサイトが活用できます。

国土交通省には、ハザードマップポータルサイトがあります。

ここから多くの情報に辿り着くことができます。

 

ーーーーー

BCPオフィス名古屋はBCPとレジリエンス認証コンサルティングのプロフェッショナルです。

BCP、レジリエンス認証のことならなんでもお気軽にご相談ください。

関連記事

カレンダー

2020年7月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る