レジリエンス認証審査基準

05.26

レジリエンスジャパン推進協議会のホームページによると、審査基準は以下のようになっています(2016年5月26日現在)。なお、これらの基準は、内閣官房国土強靱化推進室の「国土強靱化貢献団体の認証に関するガイドライン」に基づいています。

【事業継続関係】

(1)事業継続に係る方針が策定されている
企業の経営理念や経営方針に関連付けられた事業継続方針があること。

(2)事業継続のための分析・検討がされている
事業影響度分析及びリスク評価・分析を行い、重要業務とその目標復旧時間を明確にし、資源の脆弱性を把握している。

(3)事業継続戦略・対策の検討と決定がされている
(2)を踏まえ、目標復旧時間内に重要業務を継続・復旧させる戦略・対策を検討し、決定している。

(4)一定レベルの事業継続計画(BCP)が策定されている
目標復旧時間内に重要業務を継続・復旧させるための体制、手順等を示した計画が策定されている。

(5)事業継続に関して見直し・改善できる仕組を有し、適切に運営されている
事業継続に関して見直し・改善できる仕組みを有し、改善のための見直しが定期的に行われている。

(6)事前対策が実施されている
事業継続の実効性を高めるための事前対策が適切に行われている。

(7)教育・訓練を定期的に実施し、必要な改善が行われている
事業継続力を高めるための教育・訓練を定期的に実施し、必要な改善が行われている。

(8)事業継続に関する一定の経験と知識を有する者が担当している
事業継続に関する実務を 2 年以上積んだ実績がある者、または民間の機関が発行する事業継続に関する民間資格を保有する者が事業継続を担当している。

(9)法令に違反する重大な事実がない
国土強靱化に係る法令に関して、違反する重大な事実がない。

【その他】
(10)その他留意事項
① 国土強靱化の取組を進め、国土強靱化の取組促進に積極的に協力すること。
② 認証組織が行う国土強靱化の推進に関する調査等に協力すること。

 

関連記事

カレンダー

2021年5月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る